足つぼセラピスト養成講座

あなたは「独立・起業」という事を考えた事がありますか?

会社に頼ってお仕事をするのではなく、人に雇われる生き方ではなく、自分のチカラで経済的自立を掴みとって行くこと。

今、そのチャレンジには最適なタイミングです。
LALASETPは、足つぼセラピストのスキルを習得し、自らの働き方を変える人を応援します!

今まさに、世の中の常識が変わるタイミング。

コロナで一変した世界。
我々の日常は大きく変わりました。

デリバリーやテイクアウト、デジタルコンテンツなどといった
巣ごもりを楽しむための需要が急上昇しましたね。

それ以外に大きな変化といえば“働き方”
感染拡大防止のため、大人数が集まるような形態のビジネスや働き方が否定されるようになってしまいました。

テレワーク、フレックス制を継続させていく企業も多いでしょうし、週休3日制やジョブ型雇用を取り入れる企業も増えてきました。
ジョブ型雇用では従業員の年齢や勤続年数は関係なく、その人の実力やスキルが重要視されます。
欧米では主流の働き方とされるジョブ型雇用ですが、ここ数年日本企業でも少しずつではありますが広まりつつあります。

また、ダブルワークも認められる時代になりました。
一つの仕事だけをする危険性を、今回のコロナで実感しましたよね。
本当の意味で、手に職をつけるという選択が必要となっています。

もちろん、この状況が永遠に続くとも考えられません。
ですが、一部の意見では「元の世界には戻れないだろう」と予想されるアフターコロナ。
世の状況に合わせ、柔軟に新しい働き方を検討する必要があります。

これから先、フリーランスの働き方が主流になる時代がやってきます。
新しい価値観に順応できる人だけが生き残る時代と言っても過言ではないでしょう。

今は、新しい選択をするタイミングです。

これから先、確実にやってくる変革の未来。
ですが、過度に怖がっても何も始まりません。

私達に出来る事は「準備」です。

この先の未来がどういうカタチになっても良いように…
自分で自分の身を守るための準備を行う事だと私は考えます。

LALASTEPでは、5年前から、この「足つぼセラピスト養成講座」をスタートさせ、数多くのセラピストを世の中に輩出してきました。

足つぼセラピストは、生涯に渡って活用できるスキルです。

なぜならば、人間がよほどの進化を遂げない限り、人体の仕組みはそう簡単には変わりませんよね。

従って、一度習得をしてしまえば、充分にあなたのお仕事として活用が出来るスキルです。

また、健康や予防医療といった需要が無くなる事はなく、これから先も潜在的なニーズとして生き残っていくでしょう。

緊急事態宣言が発令された際、LALASTEPは自主的に休業しました。

得体の知れないウィルスが猛威をふるっている中では、大々的にサロンを開くリスクの方が大きいと判断せざるを得ない状況だったからです。

ですが、そんな中でもお客様からは、施術に関する問い合わせや
「施術をして欲しい」というご要望も数多くありました。

これが健康や予防医療といった需要が無くならないと言える理由です。

現代社会はストレスによる体調不良の温床。
それが、今回のコロナショックによって加速したと言っても過言ではありません。

仕事でのストレス、家庭でのストレス、子育てのストレス…
多少のストレスは成果を生むので必要なことです。とはいえ、メリハリが必要。
癒しは、どんな時代にもどんな世界にも求められることです。

また「密」という面では大人数を収容するマッサージ店よりも、
個人で開業しているサロンのほうが安心されます。

あなたが足つぼセラピストになる「3つ」のメリット

  1. 健康や予防医療は潜在的なニーズであり、身に付けたスキルは生涯に渡って活用できる。
  2. これから先、ストレス社会は益々加速し、癒しや予防医療のニーズが高まる事。
  3. 今までとは逆に、個人で活動をする事が安心される時代。

もちろん、その他にもメリットは無数に存在します。

  • 働く時間を自分で決められる。
  • 自分の頑張り次第で収入はどんどん伸びる。
  • 経験と共も技術を向上させる事が出来る。
  • 人から「ありがとう」と言われる仕事が出来る。
  • 独立した事業主として、社会的地位も確立される。
  • 日本中、何処に居ても仕事が出来る。

是非、出来なかったらどうしよう!?ではなく、
出来ちゃったらどうしよう!!と一緒に考えましょう。

大丈夫、あなたは1人ではないですよ。

LALASTEP 足つぼセラピスト養成講座の特徴

台湾式足裏反射区療法

足裏マッサージには、英国式・中国式・ドイツ式・台湾式などさまざまな手法があります。

LALASTEPが指導するのは、台湾式足裏反射区療法(足つぼ)です。

基本的には道具を使わず、手技によって「反射区」と呼ばれるポイントを刺激します。
64カ所にも及ぶ反射区を刺激することで、対応するさまざまな器官・部位の症状を、改善へと導きます。
また、老廃物の排泄を促します。

個別指導スタイル

個別指導では、講師から直接学べて質問がしやすく、ペースや日程の調整がしやすい良さがあります。

経営指導(卒業後半年間無料相談)

集客の仕方、メニューの作り方、導線の引き方、チラシの作り方、SNSの使い方などをお伝えします。
しかし、まだサロンをオープンさせていない状態でこれらを学んでも身につかないので、卒業後半年間何度でも無料でお教えします。

個別指導のメリット

・個人に合わせて指導する

テキストをベースに授業を進めますが、分からない点があれば基礎に戻って指導することもできます。それぞれの習得度に合わせて授業内容を変えます。

・質問しやすい

他に生徒がいないことで、「質問をすると恥ずかしい」と思わずに気軽に質問できます。

・緊張感を持って勉強できる

「サボる」とすぐに見抜かれます。緊張感を持って取り組めるので学習の濃度が上がります。

・施術ができるプロになれる

技術の習得だけでなく、生理学の勉強をすることでお客様への健康アドバイスができ、信頼を得ることができる。
接客の練習をして、デビューへと導きます。

プロになるまでの道のり

わかる(習得)

できる(習熟)

プロになる(接客対応練習)

わかっただけ、できるだけでは、プロにはなれません。
お客様から指名される施術者を目指しましょう。

ステップ1:習得
技術と生理学を習う。覚える。
繰り返し反復練習をしながら、少しずつ進んでいきます。

ステップ2:習熟
習った技術を自分のものにする。何度も繰り返し練習します。
ツボの位置全てを暗記します。
内臓の機能を説明でき、病気や体調との関連性を伝えることができる。

ステップ3:接客対応練習
ロープレ(接客)の練習。
時間制限中に、お客様のニーズに応える。
お客様へのアドバイスができる。

カリキュラム

1回目:
東洋医学と西洋医学の違い
足裏反射区64か所の確認、指の使い方

2回目:
気血水 陰陽
リンパドレナージュ、足裏の施術

3回目:
証の見立て方、自然治癒力
足裏の施術、姿勢

4回目:
脳、耳、目の生理学
足側面内側の施術

5回目:
胃、膵臓、十二指腸の生理学
足の甲の施術

6回目:
副腎、脾臓、ホルモンの生理学
足側面外側の施術

7回目:
小腸、大腸の生理学
足の全体とふくらはぎ

8回目:
肝臓、解毒についての生理学
タイムコントロール

9回目:
子宮、卵巣、胸の生理学
タイムコントロール

10回目:
免疫、リンパ、血管
サロン経営、集客の仕方

11回目:
女性特有の悩み、足相リーディング
接客、症状別対応

12回目:
復習(テスト勉強)
接客、症状別対応

13回目:
復習(テスト勉強)
強弱、緩急、技術のブラッシュアップ

14回目:
筆記試験(生理学、反射区、足相)
実技テスト
※課題提出、テストに合格されると、ディプロマを発行します。

足つぼセラピスト養成講座 受講料

足つぼセラピストのスキルは、あなたが生涯に渡って活用できるスキルであり、またお仕事に直結が出来る技術です。
働き方の選択が出来るようになり、起業・独立の近道でもあります。

私自身、中途半端なセラピストを養成するつもりはありません。

あなたが覚悟をもってチャレンジして頂けるのであれば、私もそれに全力でお応えする事をお約束致します。

¥180,000(税込)
(全28時間、2時間×14回)
※お支払いは銀行振り込み、クレジット決済をお選び頂けます。

受講お申し込み

お申込みはこちらから

受講に関してのお問い合わせは、フォームよりお願い致します。
※どんな些細な事でも結構です。遠慮なくご連絡ください。

電話:
080-6553-6514

予防医療の重要性

多くの人は病気になると、治療費をケチる事はありません。
でも、なぜか、予防医療の代金は出し渋りますよね。

病気になってからでは遅い事の方が多く、不自由を感じる事の方が多いはずです。
LALASTEPにも「足つぼでがんが治りますか?」という問い合わせが数多く寄せられます。
治ると答えるのは、薬事法で禁じられています。
そして私も、治ると断言することはできません。保証できません。

でも、予防することと回復力を上げることは、保証できます。

本当の健康は、予防によって得られるものです。
せめてあなたの周りの人達だけでも、この考え方を浸透させて欲しいと思います。